理学療法士からデザイナーへ
Physiotherapist to Designer
  19.jpg 26.jpg 17.jpg
 
「骨に対する筋の走行の、起始と停止が服のラインになって見えます」

 
理学療法士として10年間、病院で勤務しながら、作品を制作していました。
 
そこで見えてきた、服の線があります。
 
身体の成り立ちから見えてくる、線のことです。筋肉の始まりと終わりを線で結ぶと浮かび上がります。画家が、人体をデッサンする為に筋肉の動きを学ぶように、「筋の走行」ラインが見えることで、モヒカンポシェット独自の服のラインが浮かび上がるのです。
 
脊柱を中心にして、様々な骨を動かす為の「筋の走行」は、実に多層な構造でできています。「筋の走行」ラインは主に、縦方向に表れます。それに従い、ドレープを用いることもあれば、布のカットラインで応じることもあります。横方向へギャザーを寄せたり、斜めのアシンメトリーな布で、端正な縦ラインをさらに生かす装飾性を獲得しています。
 
布というメディアを用いて、人体デッサンを繰り返し描き、装飾を加えることで本作にまで高めるのです。布は、画家がデッサンに用いる、紙や木炭や鉛筆と同様であり、さらには絵具の役割を与えられ、「筋の走行」ラインを表現する為のメディアとして用います。
 
  img_4900.jpg img20190511103355196626.jpg 008.jpg img_5481s.jpg
 
作品は型紙を採らず、完全にオリジナルで1点しか存在しません。服の制作起点とプロセスにおいて、通常のファッションデザインとは一線を画します。流行や、ファッション用語で通常用いる「服のライン」とは一切関係なく、人体から導き出されるラインが、1点の服作品として結実します。
 
ラインを現実の服にする為に、立体裁断が不可欠です。自分にしか見えないラインの追求に、フリーハンドの裁断を多用します。その為、通常の技法では常識外の縫製方法になりますが、「筋の走行」ラインに従えば、その布の切り方と縫い方が自然になるのです。出来上がる服は、ラインも縫製もモヒカンポシェット独自のものです。ラインの追求に必要な縫製技術も、独学で習得しました。
 
その作品を、様々な女性達が着るときに立ち会う経験も重要です。女性達の姿勢と身体付きによって、作品の見え方がまるで違う風に見えたときの驚きと新鮮さが、インスピレーションの源泉になります。女性達が生きてきた習慣や環境や、様々な要因によって形作られた唯一の姿かたちから、さらに新しいラインが浮かび上がるのです。女性の数だけある、たおやかな無数のラインに触れることは、イメージの源泉が無数にあることを意味します。
 
モヒカンポシェットの服作品が複製を自ら許さないのは、同じ人間は一人として存在しないからです。モヒカンポシェットのテーマとは、作品も人間と同じで「世界にたったひとつ」なのです。
 
"I see the beginning and the end on the clothes line, in the direction the tendon moves against the bone"
 
While working as a physiotherapist for 10 years at a hospital, I made works.
There is a line of clothes that has only been seen by me in doing so.
 
I have a line of clothes that I can see there.
 
It is a line that comes from the composition of the body. When I connect the beginning and end of the muscle with a line, the line floats up. Just as a painter learns the movement of muscles in order to draw the human body, seeing the lines of muscles and tendons brings up the lines of mohikanpochette's own clothes.
 
"Muscle and tendon" for moving various bones centering on the spine is made of a truly multi-layered structure. The "muscle and tendon" lines appear mainly in the longitudinal direction. According to it, sometimes we use drape, and sometimes we respond with a cut line of cloth.
 
Using a medium of cloth, I draw human body drawings repeatedly and add decoration to enhance this work. Cloth is similar to paper, charcoal and pencils used by painters for drawing, and given the role of paints, it is used as a medium for expressing the "muscle and tendon" lines.
 
The work does not take a pattern, it is completely original and there is only one in the world. In the production origin and process of clothes, we distinguish it from the ordinary fashion design. A line derived from the human body is completed as a single piece of clothing, regardless of fashion or the “clothing line” usually used in fashion terms.
 
In order to make the line a real clothes, draping is essential. I use a lot of freehand cutting in pursuit of the line only visible to me. 
The finished clothes are unique to mohikanpochette, both line and sewing. 
I also acquired the sewing technology required to pursue the line by myself. 
 
It is also important to experience the work when various women wear it. 
Depending on the attitude and the body of the women, the source of inspiration comes from the surprise and freshness when the appearance of the work looks like a different wind. A new line emerges from the habits and environments in which women have lived and the unique form formed by various factors. Touching the innumerable lines of the number of females means that there are innumerable sources of images.
 
There is only one piece of mohikanpochette clothes in the world. The same person does not exist either. That is the same reason. The theme of mohikanpochette is that clothes and people are "one and only in the world".