モヒカンポシェットとは
 What is mohikanpochette
 
 

買い物に行っても、欲しいものがないのが全ての始まりでした。
 
先ず、キャリアのスタート地点は理学療法士でした。
 
その傍ら、自分欲しい物を作り始めました。
 
人の身体の構造に詳しくなったことと、人の身体に沢山触ってきました。私は、人の身体や布地を、とにかく触ることが好きです。手触りの触覚が、ダイレクトに私の衝動を駆り立てるのです。身体や布を触ることは、創造する為に必要な情報を得る、一番の手段なのです。
 
作品制作が深度を増すにつれ、必要な布地の量が、日本では確保し辛い状況になってきました。日本の業務用の布販売は基本的には1反(50m)売りだからです。1点物の作品で、1種類の布に50mでは、素材の縛りが大き過ぎです。
 
そこで、年2回のパリへの買い付けへ行くようになりました。
 
パリの問屋街は質が良い布地を、メーター売りしてくれるからです。パリの問屋街へはこれからも行き続けます。けれども、今の私を魅了するのは、魂が入った布地を作っているアジアを含めた全ての国です。
 
私は日本に生まれ、日本の文化を自然に受け止めながら、今の自分が形作られたと思っています。そんな私が様々な国で、素晴らしい布地たちに出会った奇跡。
 
世界中で今この瞬間も、素晴らしい素材たちが生まれていることの豊饒さを感じています。
 
モヒカンポシェットと世界中の国の文化が出会う結び目として、素晴らしい素材があります。
 
その結び目がモヒカンポシェットの衝動と技術に出会い、服作品となって新たな結び目になる。
 
服はまだ見ぬ誰かと出会い、着られ、新たな結び目を生み出していく。
 
私と素材たちと、まだ見ぬ誰か。
 
今までは閉じていたお互いの関係が、3つの出会いで次々に結びあっていく。

モードは西欧の文化です。基本的には春夏・秋冬モードに合わせて世界中のアパレル業界が新作を発表し、服が工場で生産され、世界中で消費されるという巨大な脈動を持って自律的に動いています。
 
その脈動に最初に結ばれたのは、戦後の日本でした。
 
日本の発展と人件費の高騰で、その脈動はタイに結ばれます。そうやって順番に東南アジアの国々に、モードの結び目が繋がってきました。
 
その結び目が生み出してきたものは、一見すれば発展という名の西欧化に見えますが本質は違うところにあると思います。

本質を読み解くカギは、私との素材たちとの出会いと結び目にあるのです。
 
自分と日本を振り返ってみるとよく分かります。
 
戦後GHQの占領政策に続き、資本主義を推し進めた高度経済成長、思想的には未だにポストモダンの影響下にある日本。グローバリズムを推し進め、合理化に次ぐ合理化の末に私達はどうなったのでしょう?
 
日本は、西欧化を果たし、合理化を進め、日本の魂が入ったものつくりをやめたのでしょうか?
 
私にはそうは思えません。
 
西欧と日本の閉じた文化圏が、資本主義とポストコロニアルと出会って結び目になった結節点に、新たな魂が生まれつつあるように感じています。
 
同じように、東南アジアが西欧化していったとして、完全に合理化して西欧と同質のものになりはしないでしょう。
 
それぞれの国としての閉じた文化圏同士の結び目が、膨大に増えていくのだと思います。
 
グローバリズムによる人やモノ、資本の流れの中でそれぞれの組織や個人というシステムが結び合う。
 
この結び目が他の結び目と出会い、新しい様相を生み出していく姿こそが、これからの世界の姿だと考えます。
 
コントロールはできないし、するべきでもない。ただその結び目が現れるのを知覚していくのです。知覚できたのならば、形にして創造します。
 
世界中の魂が入った素材たち・私の独習の縫製技術・触ることの触覚・湧き上がるる衝動・過去の作品からのフィードバック・今気になっていることやその他の事象、これらすべてはその事柄だけで完結している独自のシステムです。
 
旅することのグローバリズムや、こうやって文章に書き出すことも、独自のシステムに含まれます。
 
独自のシステム全てが結び目を作ることで、新たな結節点が生まれます。
 
それが私の服作品として結実していく。
 
そこに生まれる作品は、まぎれもない世界と日本と私が結節した、最新のコンテンポラリーモードとして生まれます。
 
これは世界の重層的に折り重なる社会、歴史、資本の流れの終着点でもあり、出発点でもあるのです。

 
 

I didn't have the design I wanted when I went shopping. That was the beginning of everything.
 
First of all, my starting point in my career was a physical therapist.
 
Beside that, I started making something I wanted.
 
I have been familiar with the human body structure and touched a lot of human bodies. I like to touch people's bodies and fabrics anyway. The tactile sensation directly drives my impulses. For me, touching the body and cloth is the best way to get the information I need to create.
 
As work production has increased in depth, procurement of necessary fabrics has become difficult in Japan. It is because cloth sale for business use in Japan is basically 1 anti (50m) sale. The amount of material is too large at 50m in one kind of cloth in the process of producing a work of one point.
 
So I went to buy it twice a year in Paris.
 
The wholesale area of Paris sells high quality fabrics from 1 meter. I will continue going to the wholesale area in Paris from now on. But what fascinates me now is all countries, including Asia, which is making clothes with souls.
 
I was born in Japan, and I think that I was formed today, while naturally accepting Japanese culture. Such a miracle that I met wonderful fabrics in various countries.
 
Even at this moment in the world, I feel the richness of the birth of wonderful materials.
 
There is an excellent material for the existence of knots where mohikanpochette and the cultures of countries around the world meet.
 
The knot meets the mohikanpochette's impulses and techniques, and is called clothes
It becomes a work and a new knot.
 
The clothes meet someone who has not yet seen them, and are worn, creating new knots.
 
Someone who has not yet seen me and the materials.
 
The relationship which has been closed up until now is linked one after another by three encounters.
 
The mode is the culture of Western Europe. Basically, the apparel industry around the world, announces new works in accordance with the spring / summer / autumn / winter mode, and the clothes are produced at the factory and move autonomously with the huge pulsation that they are consumed all over the world.
 
It was postwar Japan that was first tied to the pulsation.
 
With Japan's development and rising labor costs, the next one is tied to Thailand. In that way, mode knots have been linked to Southeast Asian countries in turn.
 
What the knot has produced seems at first glance to be Westernization in the name of development, but I think the essence is in a different place.
 
The key to unravel the essence lies in the encounters and knots with the materials with me.
 
Looking back on yourself and Japan makes a lot of sense.
 
Following the postwar GHQ occupation policy, advanced economic growth that promoted capitalism, Japan is still under the influence of post-modern thinking. What has happened to us after promoting globalism and following rationalization?
 
Did Japan achieve westernization, proceed with rationalization, and stop the creation of Japanese souls?
 
I do not think so.
 
It is felt that a new soul is being born at the nodal point where Western Europe and Japan closed culture zones meet capitalism and postcolonials.
 
Similarly, if Southeast Asia has become westernized, it will not be completely streamlined to become the same as Western Europe.
 
I think that the knots between closed cultures as each country will increase enormously.
 
In the flow of people, goods and capital by globalism, systems of each organization and individual are connected.
 
The figure that this knot encounters with other knots and creates a new aspect is the figure of the world from now on.
 
We can neither control nor should. It just senses that the knot will appear. And I create perception in a visible way.
 
Materials with souls from all over the world, sewing techniques of my own learning, sense of touch with touch, impulses rise, feedback from past works, feedback from current works, other things, etc. It is a unique system that is completed only by matters.
 
The globalism of traveling, and thus writing out sentences, are also included in the unique system.
 
The knotting of all of our unique systems creates new nodes.
 
That will result in my clothes work.
 
The work born there will appear as the latest contemporary mode, where the world and Japan and I have tied up.
 
It is the end point and the starting point of the world's multi-layered society, history, and capital flow.